鍵の防犯性を高めてトラブルを未然に防ごう|プロオススメの対策

安全のために

鍵

防犯対策への関心が高まり、少しでも被害を減らそうという動きが出ています。代表的な防犯対策には、鍵を変える事が挙げられます。鍵から対策していくことで、被害を未然に防ぐことが出来ます。

鍵の活躍

カギ

鍵は私達の生活のいたるところで利用されています。金庫、ロッカー、ドア、様々なところに利用されているのが鍵です。そこで、防犯性を高めるために、防犯に特化した鍵も存在しています。

防犯対策

南京錠

防犯対策をするには、鍵の救急車の存在が欠かせません。鍵の救急車では、鍵を新しく作ることが出来ます。鍵を失くしてもストーカーや空き巣などに入られないように、鍵を新しく作ってもらえるのです。

暗証番号式

ドア

暗証番号式の鍵は、自宅の扉前などに機械が設置されているために鍵を持ち歩く必要がありません。持ち歩かないことにより、紛失や盗難といったトラブルを免れることができます。自分で暗証番号を打ち込むだけで鍵がなくても簡単に解錠することのできる楽さが評価されています。

暗証番号式の鍵は自分のみが暗証番号を知っていれば安全だと思うでしょうが、それも完璧ではありません。裏を返せば、暗証番号さえ知ることができれば誰にでも簡単に解錠が可能となるのです。同じ暗証番号を使用しつづけていると、テンキーなどがすり減ってよく使う番号を他人に知られてしまう可能性があるので番号変更はこまめに行いましょう。防犯性の高い鍵にしたいという場合は、交換後のこともしっかり考えた鍵選びをしましょう。

タッチ式のカードキータイプというものも、電子タイプの鍵の種類に含まれます。このタッチ式のカードキータイプでは、非接触式ICカードキーを玄関前の機械にかざすことにより認証させることができます。非接触式ICカードというものは、SuicaやEdyなどと同じ技術を使用して制作されたカード全般の総称となります。タッチ式カードキーは、この仕組みを鍵として使用できるように応用したものになります。専用のカードが機械に付属していますが、最近では元々自分で持っている非接触式ICカードや携帯電話などを鍵として使用できるものもあります。鍵穴を探す必要なく解錠が可能となるので、暗い時間帯などでもスムーズに使用することができます。機能性は一般家庭向けから企業向けまでさまざまあります。高性能のものは、カードなどの鍵を忘れたとしても暗証番号システムを併用しているものもあります。暗証番号式へ交換するのであれば、このようなタッチ式カードタイプに交換する手段もあります。従来の鍵よりも高いセキュリティ対策が行なえるので、空き巣などの被害に遭うことがないですし、鍵を紛失するトラブルなども極力防ぐことができると予測されます。